口コミで人気のキャピキシル効果と気になる副作用は?

ミノキシジルの3倍の発毛効果

キャピキシルが登場する前は、発毛成分の王道と言えばミノキシジルと言われていました。しかしカナダの化粧品会社によって開発されたキャピキシルは、このミノキシジルと比較して発毛効果はなんと3倍!という事でキャピキシルの効果の高さから世間でも話題になっています(キャピキシルの事はコチラの記事を参考にしました)。

キャピキシルという成分は、もともとはアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3ノ2つの成分がコラボしたもので、二つの天然成分を科学的に合成したものです。

キャピキシルを構成している二つの成分のうち、アカツメクサ花エキスというのは、レッドクローバーと呼ばれるマメ科の植物で、古くから薬用ハーブとして使われてきました。ビオカニンAと呼ばれる成分を含んでいて、これは脱毛の原因となる男性ホルモンSHTを作る酵素の働きを阻害してくれる作用を持っています。

また、もう一方のアセチルテトラペプチド-3は、壊れた細胞を修復する作用を持つアミノ酸物質で、機能が低下した毛母細胞に対しても大きな修復作用が期待できます。

 

ミノキシジルvsキャピキシル

ミノキシジルとキャピキシルとでは、どちらも高い発毛効果がありますが、単体成分だけで発毛効果を比較すると、キャピキシルの方が3倍の効果があります。しかし育毛剤は、一つの有効成分だけが入っているということは少なく、複数の成分の相乗作用によって大きな発毛効果につながりますよね、ミノキシジルの場合には、フィナステリドと併用することによってキャピキシルにも負けないくらいの発毛効果があると言われています。だから、育毛剤を選ぶ際には、僕のように成分で選びながらも実際に自分の頭皮との相性をチェックしながら続けることが大切なのだと思います。

 

気になる副作用は?

キャピキシルは、もともと天然植物成分を原料としている成分なので、化学的な副作用などは一切ありません。それでいて、実際に使った人の90%以上は発毛効果を実感できるというデータがありますし、僕も含めてかなり満足できるレベルの効果が期待できるので、育毛剤に入っている成分としてはとても優秀だと思います。キャピキシル配合の育毛剤を使うと、最初のうちには髪が抜ける症状が起こりやすいのですが、これは誰にでも起こる初期症状で副作用ではありません。僕も経験しましたけれど、自然にすぐ止まるので心配はないでしょう。