AGAクリニックでのAGA治療薬にはどんな種類がある?効果と副作用は?

本格的な治療はやはりAGAクリニックがおすすめ

僕は20代後半ぐらいから薄毛が気になり始めましたが、現在まだAGAクリニックに行くことなく、市販の育毛剤でなんとか頑張っています。周囲にも薄毛や抜け毛で悩んでいる同僚は多く、僕のように育毛剤でなんとか自己対策している人もいれば、手遅れになる前にとAGAクリニックに通っている人もいますね。育毛剤だと、発毛効果が期待出来るミノキシジルのような有効成分を試行錯誤の状態で使いながら、自分の頭皮との相性を模索するというスタンスですが、AGAクリニックに行けば専門家が適切な治療をしてくれるので、最短でマックスの効果を期待できると思います。

 

治療薬は多種多様

AGA治療薬にはいろいろな種類があります。どれも値段とか副作用が違うので、治療する中では体調などをチェックしながら続けることが多いですね。例えば、発毛効果がすごいと言われているミノキシジルは、AGA治療薬の中でも人気がある薬品で、発毛を促進する作用があります。副作用としては腹痛とか頭痛などが一般的で、かかる費用は毎月だいたい4000円程度とリーズナブルなのが特徴ですね。

抜け毛をストップできる治療薬として人気のプロペシアも、僕の周囲で結構多くの人が使っている治療薬です。プロペシアのジェネリック薬としてファイザー製薬から出されている内服薬がフィナステリドと呼ばれる錠剤で、あれもこれもと頭皮につけることに抵抗がある人は、プロペシア成分はフィナステリドを使って内服という選択肢もあるでしょう。ただし、この治療薬には勃起不全とか肝機能障害というけっこう怖い副作用がありますし、月の薬代が5000円程度なので、いろいろ注意しながら使う必要があると思います。

他にもAGA治療薬としては、コストが高めのザガーロとか、ジェネリックとして開発されたフィンペシアやエフペシア、フィナロ等もあります。費用を抑えたい人はジェネリックを使う相談をするのがおすすめです。ちなみに、僕が気になっているのは飲み薬のプロペシアで、3年続けると70%以上に発毛効果があるらしいので、もしも治療薬に挑戦する時が来たらファイザーのフィナステリドを飲んでみたいなと思っています。

AGAとは?薄毛の原因とその対策

1.AGAとは

男性の薄毛にはいくつかの理由があり、一般的にはその症状を「男性型脱毛症」、通称「AGA」と呼びます。額の生え際、または頭頂部などの毛髪が細くなり薄くなってしまう症状で、主な原因に親からの遺伝や男性ホルモンの影響、ストレス、食事などの生活習慣が挙げられます。

原因によって対策が変わってきてしまうため、市場に出回っている育毛剤では効果が得られず、AGAクリニックでの治療とAGA治療薬の処方が必要となる場合もあります。無料でカウンセリングなどを行っているAGAクリニックなどもあるので、それらを利用し、対策のためにまず自分の薄毛は何が原因なのかを知ることから始めていきましょう。

 

2.実践できる対策

薄毛の直接的な原因として、「頭皮環境」がどうなっているかというのも重要なポイントです。AGAによる抜け毛以外にも、頭皮環境が悪いことで脱毛が起こり、薄毛がますます進んでしまうという人も少なくありません。
よくある原因として、洗髪方法に問題があるケースが見られます。シャンプーなどで髪を洗うとき、爪で頭皮を削ってしまい傷付けてしまうという洗い方をしている人は、頭皮に当たる部分は指の腹を当てて洗うことを意識しましょう。また、シャンプーなど洗髪用品の洗い流しが不十分という場合も、頭皮に余計な化学物質が残ってしまい、頭皮環境の悪化に繋がってしまうことがあります。
これは整髪剤も同じです。髪から流すだけではなく、頭皮からしっかり流し落とすように洗うようにしてください。この水洗いをきちんと行うだけでも、対策効果が出る人はすぐに出始めてきます。

 

3.育毛剤を使用する

市販の育毛剤にも、皮脂の過剰な分泌を抑えたり、育毛に必要な頭皮環境を整える成分を持った商品があるほか、AGA治療薬として使用される薬と同じ成分を主成分にした育毛剤があります。自分の薄毛の主な原因が、血行不良によるもの、皮脂の過剰分泌によるものなど分かっている場合は、特にその作用を持った育毛剤を使用することで、市販の育毛剤でも薄毛の進行を防ぐことが期待できます。
また、食事環境や生活環境が薄毛に影響をもたらしているケースも少なくありません。充分な栄養が毛髪まで送られなければ、どんな薬品を使用しても効果が期待できない可能性が高いため、食生活などの見直しも意識してみてください。