AGAクリニックでのAGA治療薬にはどんな種類がある?効果と副作用は?

本格的な治療はやはりAGAクリニックがおすすめ

僕は20代後半ぐらいから薄毛が気になり始めましたが、現在まだAGAクリニックに行くことなく、市販の育毛剤でなんとか頑張っています。周囲にも薄毛や抜け毛で悩んでいる同僚は多く、僕のように育毛剤でなんとか自己対策している人もいれば、手遅れになる前にとAGAクリニックに通っている人もいますね。育毛剤だと、発毛効果が期待出来るミノキシジルのような有効成分を試行錯誤の状態で使いながら、自分の頭皮との相性を模索するというスタンスですが、AGAクリニックに行けば専門家が適切な治療をしてくれるので、最短でマックスの効果を期待できると思います。

 

治療薬は多種多様

AGA治療薬にはいろいろな種類があります。どれも値段とか副作用が違うので、治療する中では体調などをチェックしながら続けることが多いですね。例えば、発毛効果がすごいと言われているミノキシジルは、AGA治療薬の中でも人気がある薬品で、発毛を促進する作用があります。副作用としては腹痛とか頭痛などが一般的で、かかる費用は毎月だいたい4000円程度とリーズナブルなのが特徴ですね。

抜け毛をストップできる治療薬として人気のプロペシアも、僕の周囲で結構多くの人が使っている治療薬です。プロペシアのジェネリック薬としてファイザー製薬から出されている内服薬がフィナステリドと呼ばれる錠剤で、あれもこれもと頭皮につけることに抵抗がある人は、プロペシア成分はフィナステリドを使って内服という選択肢もあるでしょう。ただし、この治療薬には勃起不全とか肝機能障害というけっこう怖い副作用がありますし、月の薬代が5000円程度なので、いろいろ注意しながら使う必要があると思います。

他にもAGA治療薬としては、コストが高めのザガーロとか、ジェネリックとして開発されたフィンペシアやエフペシア、フィナロ等もあります。費用を抑えたい人はジェネリックを使う相談をするのがおすすめです。ちなみに、僕が気になっているのは飲み薬のプロペシアで、3年続けると70%以上に発毛効果があるらしいので、もしも治療薬に挑戦する時が来たらファイザーのフィナステリドを飲んでみたいなと思っています。