育毛剤Deeper3Dの気になる効果【評価・口コミ】

満足度90%の優秀な育毛剤

テレビCMでもおなじみのDeeper3Dは、配合されている成分がキャピキシルやリデンシルなど優秀な成分に加えて黒ショウガとかモンゴロイド3大伝承成分、成長因子成分等優秀なので、僕も使ってみた商品です。これは使い方が少し変わっていて、洗髪後に使う時にはドライヤーでしっかり髪を乾かしてから使うのがマストとなっています。揮発成分が入っているので、頭皮が火照っている程度の場合でも、ほてりが冷めるまで待たなければいけないようですね。

 

柑橘系の香りで使いやすい

Deeper3Dの有効成分であるキャピキシルとかリデンシルなどは、成分自体は軽くてさらっとしているので、これらが入っている育毛剤のDeeper3Dの使用感はべたつきがなく、サラサラしていますね。使った直後は少し手がべたつくような気がしますけれど、乾けばサラサラになるので心配ないです。僕は個人的に、べたつくヘアケア商品は苦手としています。だから、さらっと使えるDeeper3Dは、とてもありがたいです。しかも、香りが柑橘系でさわやかです。

 

価格は高め

この育毛剤は、他の商品と比べると、お値段が若干高めですね。小さなボトル1本で1ヶ月ぐらいは使えますけれど、それでも月に15000円程度は高いです。価格面で続けるのがキツイという口コミは意外と多かったですし、僕も結構きつかったです。

 

気になる効果は?

僕はいつも、新しい育毛剤を使う際には事前に口コミをチェックするのが習慣になっています。Deeper3Dも口コミでは大きな効果があったという人が多かったですね。中にはミノキシジルなど薄毛治療薬と併用しているという人もいましたけれど、併用しても問題ないのかもしれません。

実際に僕がDeeper3Dを使った感想ですが、即効性という点ではイマイチかもしれませんけれど、使い続けると確かに効果はあります。特に、日中は頭皮が硬くなりやすいので軽くマッサージをしてあげたり、使用する時間帯は朝ではなくて夜寝る前がベストだったり、使い方をいろいろ工夫することで効果をマックスにできると思います。僕は以前では朝シャン派でしたけれど、Deeper3Dを使い始めてからは夜にシャンプーをして育毛剤を使い、夜は清潔な頭皮で寝る習慣をつけるようになりました。

育毛剤バイタルウェーブの効果は?【評価・口コミ】

成分が優秀なのにリーズナブル

育毛剤は、入っている成分が優秀だとやっぱり値段にも反映されるので、1ヶ月あたり1万円前後のコストがかかる商品が多いですよね。

真剣に薄毛で悩んでいる僕にとっては、優秀な成分が入っていることが育毛剤選びの条件となるわけですけれど(→本当に効く育毛剤の選び方)、やっぱりコスパも大切な要素です。

そんな人にぜひ知ってもらいたいのが、キャピキシルとリデンシルという優秀な成分が高濃度に入っているのに価格がリーズナブルな、バイタルウェーブです。

この商品は、発毛促進効果があるキャピキシルがたっぷり5%配合されていますが、それだけではありません。その他にはEGFとかFGFなどの成長因子成分も2%入っているので、発毛促進作用という点ではとても優秀です。

 

専門医監修だから安心感もアリ

キャピキシルとかリデンシルなどの有効成分が入った育毛剤はたくさんありますけれど、薄毛や抜け毛に関する専門医が監修して開発された商品は、実はバイタルウェーブが日本初とのことです。やっぱり医師が監修しているというと、それだけで大きな安心感を得ることができますよね。それでいてお値段がボトル1本あたり8000円程度とリーズナブルなので、爆発的な人気が出るのも納得できます。

 

実際に使ってみた感想

僕はいつも、育毛剤を使う前に口コミをチェックしてどんな効果があるのかとか、こんな工夫をすると効果がアップするとか、そうしたワンポイントアドバイス的なことを情報収集しています。バイタルウェーブも注文する前に口コミをチェックした所、液体がサラサラしすぎて液だれするという声が多かったので、気になっていました。実際に商品を使ってみたところ、確かに液体はサラサラしているので、注意しないとおでこの辺りとか生え際などは液だれしますね。それに、バイタルウェーブはスポイトで取ったら頭皮に直接つけることが推奨されているので、手のひらにバイタルウェーブを取って頭皮に馴染ませることができません。きっと、手のひらに取ると手の皮膚に浸透してしまうからなのでしょう。

この液だれという点は、他の育毛剤と比べてバイタルウェーブのデメリットかなという気はしましたけれど、その他は嫌なニオイは一切ありませんし、べた付く感じもなく、有効成分が頭皮にスッと浸透して発毛促進してくれている実感はありました。実際に髪がフサフサしてきたのは、使い始めてから半年ぐらいたったころだったので、バイタルウェーブも他の育毛剤と同じように根気よく続けることが大きな効果につながるのだと思います。

AGAクリニックでのAGA治療薬にはどんな種類がある?効果と副作用は?

本格的な治療はやはりAGAクリニックがおすすめ

僕は20代後半ぐらいから薄毛が気になり始めましたが、現在まだAGAクリニックに行くことなく、市販の育毛剤でなんとか頑張っています。周囲にも薄毛や抜け毛で悩んでいる同僚は多く、僕のように育毛剤でなんとか自己対策している人もいれば、手遅れになる前にとAGAクリニックに通っている人もいますね。育毛剤だと、発毛効果が期待出来るミノキシジルのような有効成分を試行錯誤の状態で使いながら、自分の頭皮との相性を模索するというスタンスですが、AGAクリニックに行けば専門家が適切な治療をしてくれるので、最短でマックスの効果を期待できると思います。

 

治療薬は多種多様

AGA治療薬にはいろいろな種類があります。どれも値段とか副作用が違うので、治療する中では体調などをチェックしながら続けることが多いですね。例えば、発毛効果がすごいと言われているミノキシジルは、AGA治療薬の中でも人気がある薬品で、発毛を促進する作用があります。副作用としては腹痛とか頭痛などが一般的で、かかる費用は毎月だいたい4000円程度とリーズナブルなのが特徴ですね。

抜け毛をストップできる治療薬として人気のプロペシアも、僕の周囲で結構多くの人が使っている治療薬です。プロペシアのジェネリック薬としてファイザー製薬から出されている内服薬がフィナステリドと呼ばれる錠剤で、あれもこれもと頭皮につけることに抵抗がある人は、プロペシア成分はフィナステリドを使って内服という選択肢もあるでしょう。ただし、この治療薬には勃起不全とか肝機能障害というけっこう怖い副作用がありますし、月の薬代が5000円程度なので、いろいろ注意しながら使う必要があると思います。

他にもAGA治療薬としては、コストが高めのザガーロとか、ジェネリックとして開発されたフィンペシアやエフペシア、フィナロ等もあります。費用を抑えたい人はジェネリックを使う相談をするのがおすすめです。ちなみに、僕が気になっているのは飲み薬のプロペシアで、3年続けると70%以上に発毛効果があるらしいので、もしも治療薬に挑戦する時が来たらファイザーのフィナステリドを飲んでみたいなと思っています。

AGAとは?薄毛の原因とその対策

1.AGAとは

男性の薄毛にはいくつかの理由があり、一般的にはその症状を「男性型脱毛症」、通称「AGA」と呼びます。額の生え際、または頭頂部などの毛髪が細くなり薄くなってしまう症状で、主な原因に親からの遺伝や男性ホルモンの影響、ストレス、食事などの生活習慣が挙げられます。

原因によって対策が変わってきてしまうため、市場に出回っている育毛剤では効果が得られず、AGAクリニックでの治療とAGA治療薬の処方が必要となる場合もあります。無料でカウンセリングなどを行っているAGAクリニックなどもあるので、それらを利用し、対策のためにまず自分の薄毛は何が原因なのかを知ることから始めていきましょう。

 

2.実践できる対策

薄毛の直接的な原因として、「頭皮環境」がどうなっているかというのも重要なポイントです。AGAによる抜け毛以外にも、頭皮環境が悪いことで脱毛が起こり、薄毛がますます進んでしまうという人も少なくありません。
よくある原因として、洗髪方法に問題があるケースが見られます。シャンプーなどで髪を洗うとき、爪で頭皮を削ってしまい傷付けてしまうという洗い方をしている人は、頭皮に当たる部分は指の腹を当てて洗うことを意識しましょう。また、シャンプーなど洗髪用品の洗い流しが不十分という場合も、頭皮に余計な化学物質が残ってしまい、頭皮環境の悪化に繋がってしまうことがあります。
これは整髪剤も同じです。髪から流すだけではなく、頭皮からしっかり流し落とすように洗うようにしてください。この水洗いをきちんと行うだけでも、対策効果が出る人はすぐに出始めてきます。

 

3.育毛剤を使用する

市販の育毛剤にも、皮脂の過剰な分泌を抑えたり、育毛に必要な頭皮環境を整える成分を持った商品があるほか、AGA治療薬として使用される薬と同じ成分を主成分にした育毛剤があります。自分の薄毛の主な原因が、血行不良によるもの、皮脂の過剰分泌によるものなど分かっている場合は、特にその作用を持った育毛剤を使用することで、市販の育毛剤でも薄毛の進行を防ぐことが期待できます。
また、食事環境や生活環境が薄毛に影響をもたらしているケースも少なくありません。充分な栄養が毛髪まで送られなければ、どんな薬品を使用しても効果が期待できない可能性が高いため、食生活などの見直しも意識してみてください。

BOSTONスカルプエッセンスの効果とは?【評価・口コミ】

日本で初めてキャピキシルとピディオキシジルを併用した育毛剤

現在では、発毛成分として優秀なキャピキシルとピディオキシジルという2つの成分をどちらも高濃度に配合している育毛剤はたくさんありますし、決して珍しいことではなくなりました。でも日本で初めてこの2つの成分をコラボさせたのは、この最強の育毛剤と呼ばれているBOSTONスカルプエッセンスだったということはご存知ですか?

僕自身、BOSTONスカルプエッセンスが登場するまではいろいろな育毛剤を試し続けていて、効果が出ていても他の商品も使ってみたくなってしまうので、半年から1年ごとぐらいに育毛剤を変えていました。だから、BOSTONスカルプエッセンスが登場した時にも、すぐに乗り換えて使ってみました。

 

値段は高め

育毛剤は、入っている成分によって価格が決まると言っても過言ではないと思います。BOSTONスカルプエッセンスも、ボトル1本あたり14,000円近くするので、決してリーズナブルな育毛剤というわけではありません。でも入っている成分が優秀という点や、驚異的な発毛効果を考えると、この価格は決して高すぎるということはないと思います。公式サイトを利用して定期購入を利用すれば、1本あたり8000円台で購入出来るので、僕はその買い方を利用していました。ちなみに、BOSTONスカルプエッセンスには発毛成分以外にも、抗酸化力が高いフラーレンもたっぷり入っていて、頭皮の老化を予防してくれます。そう考えると、ボトル1本が1万円以下というのは、激安価格なのかもしれませんね。

 

BOSTONスカルプエッセンスの使用感

BOSTONスカルプエッセンスを頭皮につけると、メントールほどではありませんけれど頭皮がヒヤッとします。これは有効成分が頭皮に浸透するからで、良いことなのです。口コミでは、つけた直後のマッサージがおすすめされていたので、僕はBOSTONスカルプエッセンスを使っている間は毎晩育毛剤の後に頭皮マッサージをしていました。

BOSTONスカルプエッセンスはスポイトに適量を取って頭皮につけるというタイプなのですが、スポイトに目盛りがついていないために、毎回使う量が微妙に変わってしまう点は少し困りましたね。また、口コミでも紹介されていたのですが、単体で使うよりも他の育毛剤などと併用したほうが、効果をより感じられるとのことです。僕は他に何も使っていませんでしたけれど、単品使いでも続けると効果はあったので、経済的に余裕がある人なら大満足できる商品だと思います。

キャピキシル効果と副作用は?【使用レビュー】

ミノキシジルの3倍の発毛効果

キャピキシルが登場する前は、発毛成分の王道と言えばミノキシジルと言われていました。しかしカナダの化粧品会社によって開発されたキャピキシルは、このミノキシジルと比較して発毛効果はなんと3倍!という事でキャピキシルの効果の高さから世間でも話題になっています(キャピキシルの事はコチラの記事を参考にしました)。

キャピキシルという成分は、もともとはアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3ノ2つの成分がコラボしたもので、二つの天然成分を科学的に合成したものです。

キャピキシルを構成している二つの成分のうち、アカツメクサ花エキスというのは、レッドクローバーと呼ばれるマメ科の植物で、古くから薬用ハーブとして使われてきました。ビオカニンAと呼ばれる成分を含んでいて、これは脱毛の原因となる男性ホルモンSHTを作る酵素の働きを阻害してくれる作用を持っています。

また、もう一方のアセチルテトラペプチド-3は、壊れた細胞を修復する作用を持つアミノ酸物質で、機能が低下した毛母細胞に対しても大きな修復作用が期待できます。

 

ミノキシジルvsキャピキシル

ミノキシジルとキャピキシルとでは、どちらも高い発毛効果がありますが、単体成分だけで発毛効果を比較すると、キャピキシルの方が3倍の効果があります。しかし育毛剤は、一つの有効成分だけが入っているということは少なく、複数の成分の相乗作用によって大きな発毛効果につながりますよね、ミノキシジルの場合には、フィナステリドと併用することによってキャピキシルにも負けないくらいの発毛効果があると言われています。だから、育毛剤を選ぶ際には、僕のように成分で選びながらも実際に自分の頭皮との相性をチェックしながら続けることが大切なのだと思います。

 

気になる副作用は?

キャピキシルは、もともと天然植物成分を原料としている成分なので、化学的な副作用などは一切ありません。それでいて、実際に使った人の90%以上は発毛効果を実感できるというデータがありますし、僕も含めてかなり満足できるレベルの効果が期待できるので、育毛剤に入っている成分としてはとても優秀だと思います。キャピキシル配合の育毛剤を使うと、最初のうちには髪が抜ける症状が起こりやすいのですが、これは誰にでも起こる初期症状で副作用ではありません。僕も経験しましたけれど、自然にすぐ止まるので心配はないでしょう。

効果や副作用、値段も考慮した育毛剤人気ランキング!

副作用が少なくて高い発毛効果が期待出来るキャピキシルは、育毛剤にも配合されていることが多いですし、キャピキシル配合の育毛剤はどれも高い人気があります。僕は幅広い値段の商品を一通り使ってみたのですが、口コミなども含めて人気ランキングにしてみました(参考資料:効果ある育毛剤の選び方 | 育毛剤おすすめ)。

 

第1位:フィンジア

フィンジアはキャピキシル5%と高い濃度に加えて、他にも副作用がないピディオキシジルという発毛成分が2%も入っているなど、配合成分がとても優秀です。口コミでの評価も高いので、満足できる効果を得たのは僕だけではないと思いますね。ただ、効果が出るまでには6か月~1年ぐらいかかったという人が多いので、根気よく使うことで満足できる商品だと思います。

 

第2位:Deeper3D

こちらの育毛剤にも、キャピキシルはたっぷり5%入っています。その他には、モンゴロイド3大成分などが合計36種類と入っているのが特徴で、頭皮への浸透性という点ではかなり優秀です。トロミが全くないサラサラタイプで液だれしやすいという難点があるものの、香りがシークワーサーで使いやすいので、僕はとても気に入っていました。

 

第3位:バイタルウェーブ

専門医が監修したキャピキシル系育毛剤と言えば、バイタルウェーブがおすすめです。成分面では他の育毛剤と変わらないぐらい優秀ですが、この育毛剤はなんといっても値段が安くてコスパが最高なので僕はお気に入りでした。EGFなどの成長因子が入っている点もプラスです。

 

第4位:BOSTONスカルプエッセンス

入っている成分は、キャピキシル5%に加えてピディオキシジルが1.5%、さらにフラーレンなどの抗酸化成分もたっぷり入っているので、頭皮の老化を防いでくれる育毛剤として人気がある商品です。使用感は他の育毛剤と比べると少しトロミがあるので、浸透という点ではイマイチなのかもしれませんけれど、口コミでは大きな効果があったという人が多いですし、僕自身も満足できる効果がありました。

 

どの育毛剤も、ただ単品で使うだけではなくてマッサージを取り入れるとか、正しい使い方をする事で、発毛効果をマックスにできると思います。育毛剤はそれぞれ入っている成分が違うので、使い方が微妙に違っていることもあります。だから、使用する際には説明書をよく読んで、正しい使い方をする事が大切ですね。僕自身、育毛剤を使い始める前は朝シャン派でしたけれど、育毛剤とのお付き合いが始まってからは夜シャンするようになり、清潔な頭皮に育毛剤を付けてから寝る習慣がつきました。