AGAとは?薄毛の原因とその対策

1.AGAとは

男性の薄毛にはいくつかの理由があり、一般的にはその症状を「男性型脱毛症」、通称「AGA」と呼びます。額の生え際、または頭頂部などの毛髪が細くなり薄くなってしまう症状で、主な原因に親からの遺伝や男性ホルモンの影響、ストレス、食事などの生活習慣が挙げられます。

原因によって対策が変わってきてしまうため、市場に出回っている育毛剤では効果が得られず、AGAクリニックでの治療とAGA治療薬の処方が必要となる場合もあります。無料でカウンセリングなどを行っているAGAクリニックなどもあるので、それらを利用し、対策のためにまず自分の薄毛は何が原因なのかを知ることから始めていきましょう。

 

2.実践できる対策

薄毛の直接的な原因として、「頭皮環境」がどうなっているかというのも重要なポイントです。AGAによる抜け毛以外にも、頭皮環境が悪いことで脱毛が起こり、薄毛がますます進んでしまうという人も少なくありません。
よくある原因として、洗髪方法に問題があるケースが見られます。シャンプーなどで髪を洗うとき、爪で頭皮を削ってしまい傷付けてしまうという洗い方をしている人は、頭皮に当たる部分は指の腹を当てて洗うことを意識しましょう。また、シャンプーなど洗髪用品の洗い流しが不十分という場合も、頭皮に余計な化学物質が残ってしまい、頭皮環境の悪化に繋がってしまうことがあります。
これは整髪剤も同じです。髪から流すだけではなく、頭皮からしっかり流し落とすように洗うようにしてください。この水洗いをきちんと行うだけでも、対策効果が出る人はすぐに出始めてきます。

 

3.育毛剤を使用する

市販の育毛剤にも、皮脂の過剰な分泌を抑えたり、育毛に必要な頭皮環境を整える成分を持った商品があるほか、AGA治療薬として使用される薬と同じ成分を主成分にした育毛剤があります。自分の薄毛の主な原因が、血行不良によるもの、皮脂の過剰分泌によるものなど分かっている場合は、特にその作用を持った育毛剤を使用することで、市販の育毛剤でも薄毛の進行を防ぐことが期待できます。
また、食事環境や生活環境が薄毛に影響をもたらしているケースも少なくありません。充分な栄養が毛髪まで送られなければ、どんな薬品を使用しても効果が期待できない可能性が高いため、食生活などの見直しも意識してみてください。